Black Friday

今年も数回しかブログを書かないままあっという間に11月も半ばを過ぎてしまい、いよいよ今週はThanks Giving(感謝祭)。

感謝祭と言えば翌日の金曜日早朝から始まるBlack Fridayが有名ですが、実はここ10年以上毎年この時期に日本出張だったため、すっかりこの辺りの事情に疎くなっておりました。

私が不在にしていた10年か11年の間(大げさ)に事情は大きく様変わりしたようで、メールで送られてくる情報を見る限り、既にオンラインではBlack Friday価格で商品を提供する企業もかなりあり、本番当日も前日の木曜の晩から夜通しオープンする店など多種多様なようです。

昔一度だけ家電量販店のセールに深夜から並んだことがあるのですが、駐車場に数百名が列をなし、レジャーシートや寝袋持ち込む人、携帯コンロで食事を作る人、中にはテントを張って泊まり込む人、業務用の大型暖房機を持参する人などなど、並ぶこと自体を楽しんでると思われる人たちも多かったんですけどね。

お目当ての商品が激安なこともありますが、何となくあの楽しそうな雰囲気は今でも強烈に印象に残っています。

今年は事情があってThanks Givingの週はアメリカにいるのですが、あの超混雑した店内で買物する気力と体力はもうありません(^^;

広告

あれから17年

最近ほとんどブログも更新せず、かといってFace bookに書き込んでいるわけでもなく、Twitterはやらずと、発信力の乏しいおっさんになっていることを実感する今日この頃です。

さて、そんな私が超久しぶりに書き込む話題は今日9月11日、NYで世界同時多発テロが起きた日のことです。

数年前まではこの日は極力ブログを更新していたのですがが、あの日からもう17年の歳月が経過しました。

当時私はマンハッタンにある某社のオフィスで仕事をしていたのですが、幸いにしてワールドトレードセンターからは5~6マイル離れた場所でしたので、特に直接的な被害を受けることはありませんでした。

あの日のマンハッタンの抜けるような青空と、あちこちで鳴り響くけたたましいサイレンの音、そして最も印象的だったのは、しばらくして様子を見ようとパークアベニューに立ってダウンタウン方面を眺めた時の様子でした。

昔写真で見た巨大な原爆のきのこ雲のような煙を背景に、1台の車も走っていない大きな通りを物凄い数の人たちがこちらに向かって歩いてくる光景は今でも脳裏に焼き付いています。

今となってはこの話をしても当時は小学生でよく覚えていない社員も多く、17年の歳月の流れとあらためて自分が年を取ったことを実感します。

二度とあのような悲劇が起こらないことを心から願うばかりです。

仕事納め

このブログでも何度か書きました通り、弊社は日本人経営ですがアメリカ法人ですので、年末年始もアメリカスタイルになっております。

つまり本日12月29日(金)が仕事納めで、新年は1月2日(火)から営業のため、明日からつかの間の3連休ということになります。

今年も色々なことがありまして、たくさんのお客様から人事・労務管理にまつわる様々なご依頼をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

小規模企業ゆえスピーディな対応をすることができず、ご迷惑をおかけした企業様もあったかも知れませんがどうぞご容赦下さい。

そんな年末のバタバタの中で、先日財布をオフィスに忘れたまま100マイルほど離れた企業様へ訪問、その後もさらに訪問予定がある中で小銭しか持っておらず、しかもカード類一式はもとより運転免許もないという状況になりました。

午後はカフェでの打ち合わせもあり、さらにはGasも補給しなくてはならない状況で、バッグの中からようやくチェックブック(小切手帳)を見つけ、すぐさま取引銀行の支店へ。

チェックを切って現金化することができるとのことで、とりあえず200ドル程をお願いした所IDの提示を求められました。そこで現在の状況を説明した所「では当行のATMカードの提示を」と。

「財布ごと忘れたんだからありませんよね」というようなやり取りの後、現住所、SSNの下4桁、買っているペットの名前(登録したセキュリティクエスチョン)、最後に使ったカード履歴(たまたま前日スーパーで買った品物の代金を覚えていた)などを聞かれてようやく200ドルの預金を下すことができました。

預金を下ろしたというよりも何か借金をしたような感覚が残りましたが、本人を証明するってなかなか大変なことだと実感しました。

ということで、「年取ったなぁ」と思うことが多くなった今日この頃、道理で弊社も来年で創業14年になるわけだとあらためて思い知った次第です。

皆様良いお年をお迎え下さい。

とんでもないタイポと思い込みの怖さ

30歳過ぎてから本格的に英語を勉強し始めて今年でウン十ウン年。

帰国子女やパーフェクトバイリンガルのようなナチュラルな発音は到底無理ながら、どうにかこうにか日々英語で仕事をしているわけですが、本日とんでもないタイポをしていたことに気づきました。たぶん結構な回数を・・・。

それはFlightを間違えてFrightとタイプしていたことなんですが、いずれもスペル自体は正しいのでタイプしてもPCはミスとしては判断されません。

ところがこの二つの意味がとんでもなく違うわけでありまして、

Flight→飛ぶこと、飛行、飛行距離、(航空会社の)飛行便、フライト、フライトの飛行機、飛行機旅行、空の旅、飛ぶ鳥の群れ、(一時に巣立つ)ひな鳥の群れ

当然飛行機のフライトとかでよく使う単語です。

対して私が誤用していた方の意味は、
Fright→(急に襲う)恐怖、激しい驚き、お化けみたいな(醜い)人

昨日メールしたクライアント様、you had good frightとかとんでもないことを書いてしまって申し訳ございませんm(__)m

日本語読まれない方なのでこのブログ読んでいないと思いますが・・・。

 

しかし穴があったら入りたいとはまさしくこのことで、思い込みって本当に怖いなとつくづく思い知らされました。

私にとってはこの出来事自体がまったくのFrightで( ノД`)。。。

州で一番売れているクルマ

5月は完全スルーしてしまい今年5回目のブログは既に6月になってしまいました。

先週仕事とプライベートで久しぶりにシアトルへ行く機会があったのですが、
相変わらず山・海・湖・森という具合にバランス良く配合(?)された街は、
平地続きの街から久々にやってきた自分にとっては非常に新鮮でした。

新鮮と言えばやや仕事がらみになりますが、ここワシントン州で一番売れている車、

それはスバルさんなんですねぇ。

以前からデータを見て知ってはいたのですが、今回改めて意識して見ているとかなり多い。
古いのから新しいの、大きいの小さいのバランスよく走っていました。

車種があまり多くないメーカーさん(失礼)なので一段と際立って目につくんです。

「この車がMade in Indianaだと知っている人が何人いるんだろう」と思わず考えてしまいましたが、
中西部の自動車関連産業に関わるビジネスをしている人間としては非常に誇らしい気持ちになりました。

ついでに私がレンタカーしたT社さんのクルマ、普段と異なりここでは少々肩身が狭い思いでした。

目標と進捗が目に見えることの大切さ

またまた物凄く間があいてしまいついに11月は更新ゼロ。実は下記内容も1か月半前に書きかけたものだったりします・・・。

いきなりお堅い題名なんですが、何と関係しているかと申しますと、今年の初めからずっと着けてるMicrosoft Band2が現在腕にないということなんです。

このBand、どうも耐久性に難があるようで、購入後1年もしないうちにバンド部分に亀裂が入り、よく見ると中の配線まで見えているので、さすがにこのまま使い続けるわけにもいかず、先週金曜日に近くのマイクロショップストアに修理を依頼したのです。

毎日5,000歩と2,000カロリーの消費をゴールとして入力し、これをBandがリアルタイムに計測してくれるので、これを着けてからというもの、パーキングは敢えて一番遠くへ、トイレは無理やり1階へ遠回り、歩数がゴールに届かない日は夜な夜な家の中を歩き回る、という具合に柄にもなく人知れず努力していたわけです

ところがここにきてこのBandが当分ない(予定では1週間位らしいです)、当然私の歩数やカロリーは誰も計算していないわけですから、ついつい近道をしたり、トイレも昔同様2階のを利用してしまったりと元の木阿弥。

目に見える目標がなくなるということは、一度決心したことが(やや大げさ)こんなにも簡単に揺らいでしまうものなのかと、新たな発見と称して実は自分にも少々呆れてしまいました。

本題に戻って、仕事もそうなんですが目に見える目標の設定と、その進捗管理というのは密接に関連していて、今さらながら非常に重要なことを再認識させられたというお話でした。

で、結局私のMicrosoft Band2がその後どうなったかと言いますと、予定より2週間以上遅れたThanks Givingの前日UPSが届きまして、箱を開けてみたら全くの新品が入っていました。

新品と交換されてうれしい反面、修理と称して待たされたこの3週間は一体何だったのかと( ゚д゚)

大型連休?

日本は昨日あたりからゴールデンウィークですね。

今年はカレンダーの並びが良いのか、かなり長期でお休みの会社もあるようで、無関係な自分としてはうらやましい限り。

ところで、NHKのニュースを観ていて気づいたのですが、アナウンサーがゴールデンウィークと言わず大型連休と言ってました。

アメリカ生活長くなると、妙な所で日本のトレンドとずれてしまう事が度々あるんですが、これってゴールデンウィークはもう死語になってしまったという事なんでしょうか?

その割には秋の連休をシルバーウィークと言ってたような気もするんですが。。。