平成の終わりに

ずいぶん長いことブログをサボってしまいましたが、何となく今日という日にブログを残しておきたくなり、久しぶりに書いております。

アメリカは今4月30日(火)の朝ですが、日本はあと数時間で5月1日になり平成が終わって令和という新しい時代が始まりますね。平成元年に大学を卒業し社会人になった自分としては、この元号が終わることにやはり感慨深いものがあります。

今思えば当時は携帯電話(肩掛け式?)を持っているのは警察かヤ●ザさんくらいで、自宅の電話(家電/いえでん)にはだいたい留守番電話がついてました。

インターネットもまだないので、エントリーシートなどという便利ものはなく、自分も含め就職活動はもっぱら情報誌の資料請求ハガキでしたし、面接の連絡や内定連絡も電話が唯一の手段でした。

30年の歳月が流れて自分は日本を離れてしまい、日本の採用事情にもだいぶ疎くなってしまいましたが、アクセス方法は各段の変化を遂げたのに比べ、会社説明会、面接、内定式などの形態は30年前とほとんど変わっていないようで、これは何となく不思議な感じがします。

ニュースなどでは新卒一斉採用の見直しなども報道されていましたが、新しい令和の時代、大学4年生が暑い中紺色のスーツで会社訪問をしたり、大人数で行う会社説明会、特定の日に行われる内定式といった世界に例を見ないイベントも姿を消していくのでしょうか?

令和の時代が終わる頃、日本の採用事情がどのように変化しているのかとても興味深いです。それまで私が生きていればの話ですが(笑)。

広告

年末にあたり

2019年もいよいよ今日で最後、毎年書いていますが今年は特にあっという間に1年が過ぎてしまったように思います。

社内的には、新しい従業員との出会いもありましたし、また残念ながら弊社を卒業(最近はやりの表現?)して行った人もいました。また、以前働いていた人がひょっこり訪ねてきて、久しぶりに再会したことも数回あり、弊社を離れても活躍している姿を見るのはうれしいものです。

昨年はカリフォルニアオフィスの開設など新しい出来事もありましたが、今年は特にこれと言って大きな動きはありませんでした。唯一動きと言えば、新たに某都市銀行さんのビジネス系ウェブサイト(会員制/登録無料)に、人事関係の記事を連載させていただいたことでしょうか。

弊社のような零細企業社長の記事をお読みいただけるのは大変光栄ですが、より多くの方がご覧になるので、今まで以上に中身の濃いものを書いていきたいと思います。

尚、こちらの会員制サイトの記事の一部は、一般向けサイト(欧米コーナー)でもお読みいただけますので、ご興味ある方はクリックしてみて下さい。

年に数回しか書かなかったブログの最後は宣伝?という感はありますが、本年もお世話になりありがとうございました。

2019年が皆様にとって素晴らしい年になりますよう、オハイオの田舎から心より祈念しつつ、本年の御礼のご挨拶とさせていただきます。

Black Friday

今年も数回しかブログを書かないままあっという間に11月も半ばを過ぎてしまい、いよいよ今週はThanks Giving(感謝祭)。

感謝祭と言えば翌日の金曜日早朝から始まるBlack Fridayが有名ですが、実はここ10年以上毎年この時期に日本出張だったため、すっかりこの辺りの事情に疎くなっておりました。

私が不在にしていた10年か11年の間(大げさ)に事情は大きく様変わりしたようで、メールで送られてくる情報を見る限り、既にオンラインではBlack Friday価格で商品を提供する企業もかなりあり、本番当日も前日の木曜の晩から夜通しオープンする店など多種多様なようです。

昔一度だけ家電量販店のセールに深夜から並んだことがあるのですが、駐車場に数百名が列をなし、レジャーシートや寝袋持ち込む人、携帯コンロで食事を作る人、中にはテントを張って泊まり込む人、業務用の大型暖房機を持参する人などなど、並ぶこと自体を楽しんでると思われる人たちも多かったんですけどね。

お目当ての商品が激安なこともありますが、何となくあの楽しそうな雰囲気は今でも強烈に印象に残っています。

今年は事情があってThanks Givingの週はアメリカにいるのですが、あの超混雑した店内で買物する気力と体力はもうありません(^^;

あれから17年

最近ほとんどブログも更新せず、かといってFace bookに書き込んでいるわけでもなく、Twitterはやらずと、発信力の乏しいおっさんになっていることを実感する今日この頃です。

さて、そんな私が超久しぶりに書き込む話題は今日9月11日、NYで世界同時多発テロが起きた日のことです。

数年前まではこの日は極力ブログを更新していたのですがが、あの日からもう17年の歳月が経過しました。

当時私はマンハッタンにある某社のオフィスで仕事をしていたのですが、幸いにしてワールドトレードセンターからは5~6マイル離れた場所でしたので、特に直接的な被害を受けることはありませんでした。

あの日のマンハッタンの抜けるような青空と、あちこちで鳴り響くけたたましいサイレンの音、そして最も印象的だったのは、しばらくして様子を見ようとパークアベニューに立ってダウンタウン方面を眺めた時の様子でした。

昔写真で見た巨大な原爆のきのこ雲のような煙を背景に、1台の車も走っていない大きな通りを物凄い数の人たちがこちらに向かって歩いてくる光景は今でも脳裏に焼き付いています。

今となってはこの話をしても当時は小学生でよく覚えていない社員も多く、17年の歳月の流れとあらためて自分が年を取ったことを実感します。

二度とあのような悲劇が起こらないことを心から願うばかりです。

アメリカでありがちな出勤風景

弊社が入居するオフィスビルの1階は、とある米系企業1社がほぼ全て占有しています。ここはバックグラウンドチェックや指紋採取などを行う企業で、カスタマーサービス職などを中心に50名ほどの従業員が働いているようです。

この企業も含め周辺の企業はだいたい8:00 amが始業時間なのですが、面白いのはこの企業の社員の出勤風景。

・7時50分頃
ほとんど出勤している人はいないので駐車場はガラガラ。

・8時1~2分前と1~2分後
同社社員がよく利用する入口から続々と出社中。

・8時5分過ぎ
駐車場からダッシュで入口へ向かう人がチラホラ。

これどういうことかと言いますと、アメリカの出退勤管理システムと関連した話なのです。

つまり、15分単位で時給を計算する企業が多く、その切り上げ切り捨て単位が7分/8分で行われるからです。つまり、8時7分の出勤は8:00出勤として計算され、8時8分では8:15として計算されるのです。この1分の差が15分の給与差プラス遅刻とカウントされますので、8時5分過ぎに駐車場をダッシュで駆け抜ける人が多いのも頷けるというものです。

遠い昔、新入社員時代に上司に言われましたが、「始業時にはすぐに仕事ができるよう準備して備えるのが社会人だ」という話はこの国では通用しないということですね。

アメリカ的な営業とは

弊社が利用しているジョブサイト(アメリカ系)の契約が2月末で終了するので、当然のことながら1カ月ほど前から担当営業が盛んに連絡してきます。

担当営業とはいっても、私この人と一度も会ったことがなく、電話で数回話した程度であとはメールでのやり取りのみ。確か一昨年から担当になったような?

数回やり取りして次年度の契約内容がまとまり、契約書(メールにリンクが貼りつけてあり、電子署名するタイプのもの)が送付されてきたのですが、たまたま複数の急ぎの仕事を抱えており、長~い契約書に目を通す時間がなく、期限までまだ間もあるので週末片付けようと放置していました。

すると、契約書のリンクが送付された翌日から、件の営業から朝晩に電話とメールで催促、さらには毎日送られてくる自動送信のリマインドメール(ご丁寧にこのメールは契約が完了するまで毎日送りつけられますと宣言)と、ほぼ嫌がらせの世界に・・・。

さすがに鬱陶しくなり、メールで「期限までまだ間があるし、今は急ぎの仕事で手が離せないから週末まで待てないか?」とメールした所とりあえず収まりました。

そして週末契約書に目を通して電子署名をして無事完了。

その後彼からの連絡は、電話はもちろんメールも一切なくなりました(もちろん自動送信の確認メールはきましたが)。

「非常にわかりやすい!」

これで彼から連絡が来るのはたぶん11か月後。

久しぶりにアメリカ的営業の典型を目の当たりにしました(笑)。

仕事納め

このブログでも何度か書きました通り、弊社は日本人経営ですがアメリカ法人ですので、年末年始もアメリカスタイルになっております。

つまり本日12月29日(金)が仕事納めで、新年は1月2日(火)から営業のため、明日からつかの間の3連休ということになります。

今年も色々なことがありまして、たくさんのお客様から人事・労務管理にまつわる様々なご依頼をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

小規模企業ゆえスピーディな対応をすることができず、ご迷惑をおかけした企業様もあったかも知れませんがどうぞご容赦下さい。

そんな年末のバタバタの中で、先日財布をオフィスに忘れたまま100マイルほど離れた企業様へ訪問、その後もさらに訪問予定がある中で小銭しか持っておらず、しかもカード類一式はもとより運転免許もないという状況になりました。

午後はカフェでの打ち合わせもあり、さらにはGasも補給しなくてはならない状況で、バッグの中からようやくチェックブック(小切手帳)を見つけ、すぐさま取引銀行の支店へ。

チェックを切って現金化することができるとのことで、とりあえず200ドル程をお願いした所IDの提示を求められました。そこで現在の状況を説明した所「では当行のATMカードの提示を」と。

「財布ごと忘れたんだからありませんよね」というようなやり取りの後、現住所、SSNの下4桁、買っているペットの名前(登録したセキュリティクエスチョン)、最後に使ったカード履歴(たまたま前日スーパーで買った品物の代金を覚えていた)などを聞かれてようやく200ドルの預金を下すことができました。

預金を下ろしたというよりも何か借金をしたような感覚が残りましたが、本人を証明するってなかなか大変なことだと実感しました。

ということで、「年取ったなぁ」と思うことが多くなった今日この頃、道理で弊社も来年で創業14年になるわけだとあらためて思い知った次第です。

皆様良いお年をお迎え下さい。